ホーム > 製品案内 > 水素リーク漏れ検査装置
  • 小型スプリングスライダー
  • ドラム式スプリング供給装置 DS-101
  • プラズマトリート
  • 水素リーク漏れ検査装置
  • 各種樹脂トレイ
  • 各種検査・耐久試験機
  • 生産ライン補助設備

製品案内

水素リーク漏れ検査装置

トレーサーガス技法

水素法漏れ検査

※チャンバー方式の場合は、空間を小さくしてください。

特長

1.水素混合ガスは、漏れ試験に最適

・水素分子量が最小で微少漏れの検出に優れている。
・粘性が小さく拡散性に優れ、取扱いが容易である。

2.安全な非可燃性ガスを使用

・水素5%、窒素95%一般工業ガス
(ISO 10156:1990 非可燃性工業ガス)

3.設備費、ランニングコストが安い…ヘリウム法比

・水素混合ガスは、自然拡散性に優れる。
・水素混合ガスは、ヘリウムガスに比べ安価である。

4.漏れ個所が特定できる

・粘性が小さく拡散性に優れ、漏れ個所が発見できる。

5.微少漏れ検知に最適

・検出分解能に優れている
(0.5ppm…ハンドプローブ方式の場合)
・大気中のバックグランド値が小さい(水素…0.5ppm、ヘリウム…5ppm)

6.取扱いが容易

・モニターにより漏れ検知量の設定ができ、
 音色/信号 (接点) が取り出せる。
・10ppm標準ガスにより、容易に校正ができる。

7.環境にやさしい

・水素混合ガスは、人と自然に優しいガスです。

■ トレーサーガスの比較

項 目 水 素 ヘリウム 空 気
粘性(mpa) 8.7 19.4 18.7
分子量 2 4 29
バックグランド
(ppm)
0.5 5 -

例)水素法による漏れ検査自動機

「水素リーク検査機」が独自で高度な技術を評価されて、
2009年度 トヨタ技術開発賞を受賞しました。